こんにゃく米が食事制限に効果的なワケ

ダイエットや肥満解消のために食事制限に取り組んでいる人は多いと思います。

 

食事制限はダイエットにおける基本的な手段の1つでもあり、単に「食べる量を減らす」というやり方のため、誰しも一度はやったことがあるのではないでしょうか?

 

しかし、実際に食事制限をしてダイエットに成功した人は決して多くありません。

 

食事制限に取り組んで挫折する理由はさまざまありますが、実は挫折するポイントはほとんど同じでみな同じ道をたどっているのです。

 

しかも食事制限には大きなリスクもあります。

 

ここでは食事制限に失敗する理由と共に、リスクとそれらを踏まえた正しい“食事制限の仕方”についてご提案します。

 

食事制限をしても挫折するワケ

食事制限とは、今までの食生活を見直して余分なものを摂取しないようにする行動のこと。

 

特にダイエットをしている人はこれ以上太らないようにあれこれカロリーを計算して食べる量や食べる時間などを工夫していると思います。

 

ですが、たいていの人は1ヶ月もちません。

 

理由は簡単で方法が極端だから。

 

例えば、1日3食食べている人が食事制限のために「今日から2食しか食べない!」と1日2食生活を始めたとします。

 

しかし、食生活が3食で習慣づいてしまっているため、2食しか食べないとなぜかイライラしたりとうまくいきません。

 

食事制限における最大の敵は「ストレス」です。

 

はじめはモチベーションも高いため多少ストレスがかかっても我慢できます・・・が、モチベーションの低下と反比例してストレスが溜まっていきます。

 

ストレスが溜まるとイライラしたり我慢ができなくなります。

 

分かりやすく言うと気持ち的に「ダイエットに対するモチベーション<ストレス」になると食欲がどんどん大きくなり、結果的に今まで我慢してきた反動でドカ食いしてしまいます。

 

食事制限で挫折する最大の理由はここ。

 

無理な食事制限をすればするほどストレスが溜まりやすくなり、遅かれ早かれストレスが爆発して結局挫折する・・・というのうが多くの人が通ってきた道ではないでしょうか。

 

ストレス以外で食事制限を挫折する原因

 

ストレスによって我慢が爆発して一気に食べてしまうのが食事制限で失敗する主な原因の1つでありますが、それ以外にも挫折する原因はあります。

 

例えば間食。

 

食事制限をするとどうしてもお腹が減ってきてしまうため、間食によって空腹感を解消するのは方法としては正解です。

 

・・・が、間食で食べる「もの」を間違えると、食事制限の苦労を無にするどころか逆に体重を増やす行為につながります。

 

食事制限をすれば今まで食べていた量が減るわけなので、どうしてもお腹が減りがちになってしまいます。

 

空腹の状態は通常の時に比べて食べたものの栄養を吸収しやすくなっています。

 

つまり、間食で食べるのは脂肪になりにくいものを食べることが大切。

 

逆に脂肪になりやすいもの(糖質が多めのもの)を間食で食べるとかえって太ってしまい、結果的にダイエットに失敗します。

 

間食の選び方や食べる量によって体重が落ちず、やる気をなくした人も少なくないでしょう。

 


食事制限はやり方を間違えると危険

食事制限はやり方を間違えるとすぐ挫折してしまう方法ですが、実は頑張って実践しても実はやり方を間違えるととても危険なのです。

 

例えば次のようなことが起こる可能性があります。

 

体脂肪が落ちない

 

糖質制限をすれば確かに体重はすぐに落ちます・・・が、その原因は体脂肪ではなく体内の“水分”が減少したからだと言われています。

 

糖質を摂らなくなると肝臓に貯めておいたグリコーゲンが使用されます。

 

このグリコーゲンは糖質1gに対して水分3gというセットで使用されるため、グリコーゲンが使われるたびに水分が減り、その結果体重が減っているわけです。

 

つまり、体重は減っても体脂肪そのものは減っていないため、ダイエットとして成功しているかというと本当は“微妙”なのです。

 

栄養が偏る

 

パンや白米は当然糖質だけでできているわけではなく、人が行動するのに必要な成分も多数含まれています。

 

こうした成分も全て絶つわけですから、当然栄養が偏り健康の維持がより難しくなります。

 

具体的には、便秘・嘔吐といったものから、ひどいものだと骨粗しょう症や心筋梗塞や脳卒中になるリスクも高まります。

 

また、糖質が低下することによって集中力の低下やストレスが溜まりやすくなるため、生活そのものも荒れるリスクが高まってしまいます。

 

リバウンドしやすい

 

糖質が低下するとイライラしやすくなります。

 

このイライラによって、過食に進む人も多く、せっかく体重を落としたのに食べ過ぎて再び元に体重に戻ってしまう、いわゆる“リバウンド”をしてしまうのです。

 

しかもこのリバウンドは、回数を増やせば増やすほど体重が落ちにくくなるうえ、短期間で体重が急激に上下すると、血管等に負担をかけるため、健康にもよくありません。

 

太りやすい体質になる

 

食事制限をすれば摂取する栄養が減るわけですから、当然脂肪を燃焼させてエネルギーとしてつかうため、体重は減っていきます。

 

しかし食事制限だけでダイエットをしようとすると、空腹であまり動けずエネルギー消費(代謝)がどんどん悪くなっていきます。

 

これは食事制限によって筋肉を作る栄養素が供給されなくなったことによって、どんどん筋肉の働きが弱くなっていくから。

 

ダイエットでジョギングやウォーキングなどの運動(主に有酸素運動)を推奨されているのは、体を動かすことで筋肉を活発にし、代謝を上げるためでもあります。

 

代謝が悪くなればエネルギーが消費されにくくなるため、脂肪として体内に残りやすくなるため、痩せにくく太りにくい体質になりやすいのです。

 

食事制限よりも簡単なダイエット法はあるのか?

ここまでお話ししてきた通り、食事制限は挫折しやすくリスクも多いダイエット法の1つといえるでしょう。

 

もちろん誰でも簡単に始められますし、ダイエットの基本でもあるのである程度の食事制限は必要になってきます。

 

しかし、あまり無理な食事制限は全く必要ありません。

 

要するに“脂肪になる栄養”の摂取さえ制限すればいいわけです。

 

その1つが「糖質」です。

 

糖質を過剰摂取すると血糖値が上昇するのですが、その後急激に下がって空腹感が出てきます。

 

また糖質は体内でエネルギーに変換されますが、1日の行動によってエネルギーが消費されないと脂肪として体内に残るため、糖質を必要以上に摂らないことが食事制限で成功するポイントといえるでしょう。

 

つまりとりあえず食べる量を減らす必要はない・・・ということ。

 

食べる量を減らせばストレスが溜まっていきますが不要な栄養(糖質)を抑えて食べる量はそのままにしておけば結果的に体重は減っていくと思いませんか?

 

糖質制限については【「糖質制限とは?」カロリー制限との違いと具体的なやり方】でもお話ししているように、食事制限に比べるとハードルはそこまで高くありません。

 

元々糖質制限は糖尿病を患っている人に対して医者が勧めた方法であるものの、糖尿病になった原因も肥満やストレスや暴飲暴食など体重が増える要因にもなっているため、早めに取り組んでみてはいかがでしょう。

 

手軽に糖質制限するには?

 

糖質制限のポイントはとにかく糖質をなるべく摂らないようにすることですが、糖質を多く含んでいるものの中には

 

ご飯
パン
麺類

 

など炭水化物が多く該当します。

 

人によっては炭水化物が大好きで、たくさん食べない時が済まない!なんて人も少なくないでしょう。

 

そんな炭水化物が好きな人でも糖質制限できる方法としてお勧めなのが「こんにゃく米」です。

 

こんにゃく米とは、文字通りお米の形状をしたこんにゃくで、ご飯と一緒に炊くだけでご飯の量はそのままに、だけで摂取する糖質はカットできる・・・という健康食品です。

 

味もメーカーによって多少違いはあるものの、普通のご飯とそこまで違いはありませんので、食事制限ダイエットを検討している人はぜひ使ってみてはいかがでしょう。

 

個人的には体コントロールの無農薬こんにゃく米が味の違和感もないうえに冷凍保存できるのでお勧めです。

 

 

無農薬こんにゃく米とは?