血糖値を下げる方法

健康的な生活を送るためには血糖値を下げる必要があります。

 

血糖値が上がるとインスリンが分泌され血糖値を下げてくれますが、このインスリンの分泌が少なくなると血糖値が下げられず上がったままになります。

 

血糖値が高いままだと脱水状態になったりしますし、糖尿病や心筋梗塞といった病気を引き起こすため、血糖値が高いのであれば意図的に下げる必要があります。

 

では、具体的にどのように血糖値を下げるのがいいのか?

 

細かい方法はたくさんありますが、大きく分けると

 

有酸素運動で下げる
食生活で下げる

 

の2つがあります。

有酸素運動で血糖値を下げる方法

血糖値を上げないようにするには適度な運動がお勧めです。

 

特にお勧めなのはジョギングやウォーキングなどの軽い有酸素運動で、これによって糖分がエネルギーに変換され、それによって徐々に血糖値が下がっていきます。

 

基本的に有酸素運動であればどんなものでも大丈夫なので、エアロバイクや水中歩行でも問題ありません。

 

注意すべきことは“有酸素運動”をすること。

 

例えばジムに行って筋トレなどのハードな運動をしても効果はそこまで見込めませんし、ハードにすればするほど長く続かないため、結局運動で血糖値を下げることはできません。

 

また、運動は食事を済ませてから30分以上あけてからするように。

 

食事をした直後はどうしても血糖値が一時的に上がり、その状態で運動をしてもほとんど効果は得られません。

 

大事なのは負荷が軽くても長く続けることなので、無理しない程度に運動するようにしましょう。

食事で血糖値を下げる

糖分を摂取しなければ当然血糖値は上がりません・・・が、糖分は人の体を動かすうえで必要な成分であるため、100%遮断することはできません。

 

そもそも最近の食べ物は少なからず糖分が含まれていますから、いかに必要以上の糖分を取らないようにするか?がポイントになってきます。

 

ではどうすればいいのか?

 

まず何と言っても重要なのが食べる量です。

 

食べる量が増えれば必然的に糖分を摂取する量も増えますので、あまり食べ過ぎないようにすることが大切。

 

また食べるものも野菜や海藻などの血糖値が上がりにくいものを中心に摂ると血糖値の上昇を防ぐことができます。

 

逆に血糖値が上がりやすい炭水化物系のもの(ご飯やパンなど)はできるだけ控えめにするように。

 

炭水化物が減らせない人はどうすればいいのか?

 

糖尿病改善のために白米を食べる量を減らす療法が推奨されているように、炭水化物の摂取量を抑えることが血糖値上昇の抑制につながります。

 

とはいっても、食生活はそう簡単に変えられるものではありません。

 

毎日どんぶりいっぱい白米を食べている人に急にお茶碗一杯だけにかえたら物足りなさを感じてストレスを抱えてしまいかねません。

 

そこで注目を集めているのが「こんにゃく米」です。

 

こんにゃく米の主成分となるこんにゃくにはグルコマンマンと呼ばれる食物繊維があり、これによって腸の中の毒素や宿便などを排出してくれる効果(デトックス効果)があるといわれています。

 

しかしこのグルコマンナンの効果はそれだけではありません。

 

グルコマンマンは、水溶性のため体の中で溶けてしまうのですが、この時、調質を吸い取ってくれる特徴があるのです。

 

つまり、食事の際にこんにゃくがあると、その中に含まれているグルコマンマンが体内で溶け、それによって糖質が血液に入り込むのを防いでくれるため、血糖値が上がらずに済む・・・ということ。

 

血糖値が高い人にこんにゃくを勧めるのは、こうした効果があるからです。

血糖値を下げるならこんにゃく米から始めてみよう

医学の進歩によって血糖値を下げる方法はいろいろありますが、最もストレスがかからず、なおかつ長く続けられる方法がこんにゃく米だと思います。

 

作り方も簡単ですし、食感も臭いも普通の白米と全く変わらないため、食べる量を減らすことなく糖分の摂取量だけを変えられるのがこんにゃく米のメリットですからね。

 

こんにゃく米については各メーカーから色々と販売されていますが、初めてこんにゃく米を使う人は

 

・乾燥タイプのもの
・無農薬のもの

 

の2つをクリアしているものから始めると抵抗なく食べられると思います。

 

特にからだコントロール社のこんにゃく米は口コミでも評判で糖質カットの効果も高いので、興味があれば使ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

こんにゃく米