無農薬こんにゃく米の効果について

こんにゃく米は各メーカーから販売されていますが、メーカーの中には添加物や化合物を使っているものもあります。

 

こうしたものを使うことによって、保存期間を高めたり味を落とさないようにすることができるのですが、こうした化合物を大量に摂取すると体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

ですからできれば無農薬のものを使うのがお勧めなのですが、実はこれ以外にも無農薬のこんにゃく米をお勧めする理由があるのです。

 

その理由とは次の3つです。

無農薬を使う理由1:味に違いがない

 

化合物を使っている場合、つかっているものによってはこんにゃくの味や臭いがしておいしく食べられないものをいくつかあります。

 

こうした味や臭いの違いは、保存期間を伸ばすことだけに注視してしまい、味の部分まで頭が回らかなったのでしょう。

 

実はこんにゃく米について調べている時に、某メーカーから販売されているものが添加物や化合物が使われており、あまりよろしくない評判が立っているのを見かけました。

 

それに対して無農薬のこんにゃく米のほとんどは“品質”を重視するため、味や臭いなどにも徹底的に追求しています。

 

もちろん白米と一緒に炊いた時にこんにゃくの風味や味がしないような工夫もされていますので、安心して「白米」として食べることができると思います。

 

味にある程度疎い人であれば、どちらを食べてもあまり感じないかもしれませんが、敏感な人(特にこんにゃくが苦手な人)は無農薬のほうを使うことをお勧めします。

 

 

無農薬を使う理由2:効果が高い

 

化合物を使ったこんにゃく米で一番怖いのはやはり身体的な悪影響の可能性です。

 

特にアレルギーなどを持っている人は、化合物に反応してアレルギーが出たりするため、口にする食品には人一倍敏感になったりします。

 

それに対して無農薬のこんにゃく米は、当然化合物などは一切使っていませんからアレルギーが出たりする心配はありません。(その人の持っているアレルギーにもよりますが)

 

また、無農薬なので必要や栄養成分がしっかり凝縮されているため、栄養の偏りや栄養失調になることもまずないといっていいでしょう。

 

こんにゃく米を使った糖質制限の安全性についてでも糖質制限ダイエットのデメリットを紹介していますが、化合物が使われたこんにゃく米を使用した場合、可能性としてこうした状態になる場合もゼロではありません。

 

つまり、糖質制限ダイエットの効果を考えた場合、化合物が使われたものよりも無農薬のものを使ったほうがダイエットに成功する確率が高い・・・ということです。

 

 

無農薬を使う理由3:冷凍しても味が落ちにくい

 

毎日お米を炊いてそのたびにこんにゃく米を使う・・・というのが理想ではありますが、実際に毎日炊いている時間がある人ばかりではありません。

 

特に一人暮らしの人とかになると、仕事から帰ってきてからご飯を炊いていると時間がかかってしまうのでご飯を冷凍させている人も多いと思います。

 

そんな時にも、無農薬のこんにゃく米であれば冷凍保存が可能なのでお勧めです。

 

逆に化合物が使っているものだと、冷凍したことによって化合物が何らかの化学反応が起こり、それによって解凍したら味が変わったり水っ気が多くなっていたりして冷凍保存できないものもあります。

 

しかし無農薬のこんにゃく米に関しては、冷凍保存して味が落ちた・・・といった口コミはありませんでしたし、むしろ冷凍保存を推奨している内容もたくさんあったので、一人暮らしの人でも気軽に使うことができます。

 

ただし、冷凍保存する際にはポイントがありますのでこんにゃく米を冷凍して保存する際のポイントを参考に正しい保存の仕方を心がけてください。

多少高くてもこんにゃく米は無農薬がお勧め!

以上の点を考えると、価格につられて安いものを買うよりは、無農薬を謳っているこんにゃく米を使ったほうが効果を実感しやすいことが分かったかと思います。

 

単純に価格だけを見たら、化合物が使われているもののほうが安いため、ついついそちらを選んでしまうかもしれません。

 

しかし、ダイエットという身体的な改善のために購入するのであれば、値段ではなく中身で選んだほうが後々失敗が少ないので、無農薬のものを購入することをお勧めします。

 

「安物買いの銭失い」が一番もったいないですからね。

 

ここで紹介したこと以外の無農薬こんにゃく米の詳細については下記リンク先で紹介していますので興味がありましたら是非ご覧ください。

 

 

 

こんにゃく米