妊婦が体重管理をする必要性

こんにゃく米は食べる量を減らすことなく糖質制限できます。

 

そのため、食生活がなかなか変えられない人や食べるのが大好きな人にお勧めなのですが、実は最近妊婦さんもこんにゃく米を使って体重管理をしています。

 

なぜ妊婦が?と思うかもしれませんが、妊婦の体重制限はかなり重要。

 

ここでは、妊婦が体重制限をする必要性と、こんにゃく米が妊婦の体重制限にどう貢献しているかについて紹介します。

妊婦の体重が増えすぎるのはよくない

お腹の中に赤ちゃんがいる妊娠中はどうしても体重が増えてしまいます。

 

そりゃそうですよね、なんせ体の中にもう1人いるわけですから体重が増えないわけがありません。

 

しかも、ただ赤ちゃんがいるだけではなく、胎盤、羊水、血液などお腹の中で赤ちゃんを育てるのに必要なものもお腹に抱えるため、妊娠すると体重は7〜10kgは増えます。(個人差アリ)

 

しかしだからといって、体重が増えすぎるのはよくありません。

 

人によって増え方や減り方に違いはあるものの、妊娠中に極端に体重の増加量が上がると、お腹の中の赤ちゃんはもちろん母体にも悪影響を及ぼす危険性があります。

 

具体的には次の2つの病気にかかるリスクが高まります。

 

妊娠高血圧

 

妊娠中期に出やすい症状で、血圧が高くなりむくみがひどくなったりします。

 

これによって胎盤や子宮に血液が流れにくくなり、胎児が十分に発育しない可能性があるうえに、さらにひどくなると子癇(しかん)は常位胎盤早期剥離などの合併症を引き起こします。

 

これまでの統計から妊婦の約10%は妊娠高血圧の症状がみられることから、妊娠したらまず注意すべき症状の1つだと思います。

 

妊娠糖尿病

 

妊娠糖尿病とは、妊娠中のホルモン変化によって血糖をコントロールしているインスリンの働きが弱まることによって起こる病気です。(ちなみに普通の糖尿病とは症状が若干異なります。)

 

インスリンの働きが弱まると血糖値が高くなり、それによって流産や早産のリスクが高まる以外に、胎児機能不全や最悪胎児が死亡する可能性もゼロではありません。

 

また生まれてきた赤ちゃんが、肥満になりやすかったり将来的に糖尿病を患う可能性が高くなるのも、この病気の怖いところでもあります。

 

もちろん胎児がお腹にいる以上妊娠前と比べて体重が増えるのは当然。

 

しかしだからといって増えすぎはよくなく、特に10kg以上体重が増えると胎児や母体になんらかの悪影響が出る可能性が出てきてしまうので、ある程度体重管理をする必要はあると思います。

 

逆に体重が増えないのは大丈夫なのか?

 

妊娠したけど一向に体重が増えない・・・という人も実はいます。

 

特にもともと痩せ型体質の人やつわりがひどかった人は妊娠してもそこまで体重が増えなかったりするケースがあります。

 

体重の増加については人によってまちまちですので、産婦人科で「問題なし」と診断されればそこまで気にする必要はありません。

 

ただ、妊娠してから体重が急激に減ると胎児に十分な栄養が届かず、低体重のまま生まれてきてしまうため、お医者さんと相談しながら体重管理をするようにしましょう。

 

 

妊婦が体重管理をする方法

妊婦でも太りすぎはよくないので、ある程度体重管理をする必要はあります。

 

とはいっても、ダイエットのように激しい運動ができるわけではないですし、極端な食事制限をすれば胎児に栄養を送れなくなってしまいます。

 

そこでお勧めなのが「こんにゃく米」です。

 

こんにゃく米は、食べる量を変えることなく摂取する糖質だけをカットできるダイエット食品のため、無理なく食事制限できます。

 

食制限をしようとすると、どうしても「食べたい」という欲求を我慢しなければいけません。

 

しかしこんにゃく米の場合、食べる量を減らさなくてもいいわけですから「食べたい」という欲求の高まりを自然と抑えることができます。

 

もちろんこんにゃく米をたくさん食べても“こんにゃく”ですから、胎児に悪影響を与える心配はありません。

 

たくさん食べて栄養を胎児に送ることも胎児ですが、健康なお子さんを出産するには母体自身が健康でないといけません。

 

そのためにも、体重管理を行って健康的な状態を維持するようにしましょう。

 

 

 

こんにゃく米