妊娠中に糖質制限する方法

糖質制限は

 

・糖尿病治療や予防
・肥満解消や予防

 

などといった目的で実践されている人が多いですが、実は妊娠中の女性の中にも糖質制限をしている人がいます。

 

お腹に赤ちゃんがいる場合、赤ちゃんに栄養を送る必要があるため、下手にダイエットや食事制限をすると赤ちゃんにきちんと栄養を送ることができなくなり、母子ともに危険な状態に陥るリスクが生まれかねません。

 

しかしだからといって、思ったまま飲み食いするのも実は危険。

 

むしろ妊娠中だからこそ体重管理が重要で、その一環として糖質制限を実践されている妊婦さんも少なくありません。

 

なぜ妊娠中に糖質制限や体重管理が必要なのか?

 

その理由と胎児の健康を損なわずに行える糖質制限の方法についてを、ここで紹介します。

妊娠中に糖質制限をする目的

お腹の中に赤ちゃんがいる妊娠中はどうしても体重が増えてしまいます。

 

そりゃそうですよね、なんせ体の中にもう1人いるわけですから体重が増えないわけがありません。

 

しかもただ赤ちゃんがいるだけではなく、胎盤、羊水、血液などお腹の中で赤ちゃんを育てるのに必要なものもお腹に抱えるため、妊娠中は妊娠前に比べて体重は7〜10kgは増えます。(個人差アリ)

 

つまり妊娠すれば自然と体重は増えるのです。

 

しかしだからといって、体重が増えすぎるのはよくありません。

 

人によって増え方や減り方に違いはあるものの、妊娠中に極端に体重の増加量が上がると、お腹の中の赤ちゃんはもちろん母体にも悪影響を及ぼす危険性があります。

 

具体的には次の2つの病気にかかるリスクが高まります。

 

妊娠高血圧

 

妊娠中期に出やすい症状で、血圧が高くなりむくみがひどくなったりします。

 

血圧が高くなると胎盤や子宮に血液が流れにくくなり、胎児が十分に発育しない可能性があるうえに、さらにひどくなると子癇(しかん)は常位胎盤早期剥離などの合併症を引き起こします。

 

妊娠高血圧になる原因としてハッキリしたものは分かっていませんが、なりやすい人というのは以下のいずれかに該当している傾向があります。

 

・年齢が15歳以下もしくは40歳以上
・体形がぽっちゃり系(肥満体質)
・もともと血圧が高め
・母親も妊娠高血圧の症状が出た経験がある(遺伝)
・初めて妊娠した女性
・甲状腺機能障害や糖尿病の気がある人

 

これまでの統計から妊婦の約10%は妊娠高血圧の症状がみられることから、妊娠したらまず注意すべき症状の1つだと思います。

 

妊娠糖尿病

 

妊娠糖尿病とは、妊娠中のホルモン変化によって血糖をコントロールしているインスリンの働きが弱まることによって起こる病気です。(ちなみに普通の糖尿病とは症状が若干異なります。)

 

インスリンの働きが弱まると血糖値が高くなり、それによって流産や早産のリスクが高まる以外に、胎児機能不全や最悪胎児が死亡する可能性もゼロではありません。

 

また生まれてきた赤ちゃんが、肥満になりやすかったり将来的に糖尿病を患う可能性が高くなるのも、この病気の怖いところでもあります。

 

もちろん胎児がお腹にいる以上妊娠前と比べて体重が増えるのは当然。

 

しかしだからといって増えすぎはよくなく、特に10kg以上体重が増えると胎児や母体になんらかの悪影響が出る可能性が出てきてしまうので、ある程度体重管理をする必要はあると思います。

 

他にも様々な病気や症状が体重の増えすぎによって起こる可能性があります。

 

体重の急激な増加は妊婦や胎児の健康に危険を及ぼす可能性があるため、体重を管理するする必要があり、その方法の1つとして「糖質制限」が挙げられています。

 

逆に体重が増えないのは大丈夫なのか?

 

妊娠したけど一向に体重が増えない・・・という人も実はいます。

 

特にもともと痩せ型体質の人やつわりがひどかった人は妊娠してもそこまで体重が増えなかったりするケースがあります。

 

体重の増加については人によってまちまちですので、産婦人科で「問題なし」と診断されればそこまで気にする必要はありません。

 

ただ、妊娠してから体重が急激に減ると胎児に十分な栄養が届かず、低体重のまま生まれてきてしまうため、お医者さんと相談しながら体重管理をするようにしましょう。

 

妊娠中に行う糖質制限の具体的な方法

結論から先に言いますと、妊娠中に行う糖質制限と糖尿病の人が行う糖質制限は全く違います。

 

よくCMなどが流れている某ダイエットプログラムを提供している会社のサイトに「妊娠中は糖質制限をしてはいけない」と謳っていますが、それは

 

『妊娠していない人と同じプログラムをしてはいけない』

 

という意味であり、糖質制限の実践そのものを否定しているわけではありません。

 

事実妊娠すると胎盤ではインスリンを壊す酵素が産生されます。

 

インスリンとは血液中の余った糖質を脂肪に変換する働きがあるのですが、インスリンを壊す酵素が胎盤で産生されるということは胎児にとってインスリンが有害であることを意味します。

 

また胎盤でインスリンが破壊される酵素が発生することで、妊娠中はインスリンの分泌量が増えます。

 

インスリンは糖質を摂取すると分泌されるのですが糖質を大量に摂取しすぎるとインスリンの働きが弱くなり、結果とした妊娠糖尿病などになります。

 

妊娠糖尿病にならないようにするためには、ある程度糖質制限が必要なのです。

 

しかし、お腹に胎児がいる以上無理な糖質制限はできません。

 

例えば

 

・食事の量(主に炭水化物)を半分に減らす
・糖質を消化するために運動をする

 

などは、一歩間違えると母子の健康に悪影響が出てしまう恐れがあります。

 

では具体的にどんな糖質制限をすればいいのか?

 

具体的には次の2つの方法がおすすめです。

 

1:たんぱく質や脂質が多めの食事を摂る

 

妊娠中に最も大切なのは「バランスの良い食事を摂ること」です。

 

具体的には

 

炭水化物:たんぱく質:脂質=2:3:5

 

が理想。

 

普段の食事をそのまま食べるとどうしても炭水化物が多くなりやすいので炭水化物の代わりにたんぱく質を多く摂ることを意識するとバランスが良くなります。

 

例えば肉や魚など。

 

また、ダイエットでは天敵になる脂質も妊娠中は大切なので、バターや生クリームなど脂質の多いもの(できれば動物性脂肪)を摂りましょう。

 

先述しましたがダイエットの糖質制限と妊娠中の糖質制限は全く違います。

 

胎児にきちんとした栄養を送りつつ余計な糖質を抑えることが妊娠中の糖質制限においては重要なので、その辺はしっかり理解してください。

 

2:食べる量を減らさない糖質制限をする

 

一言で糖質制限といっても、実は色々な方法があります。

 

特に近年では「食べる量を減らさなくてもできる糖質制限」があり、これを実践すればストレスを感じることなく糖質制限ができるのでおすすめです。

 

具体的には「こんにゃく米」という健康食品の使用です。

 

こんにゃく米とは文字通りお米の形をしたこんにゃくのことで、白米と一緒に炊けば見た目も味も白いご飯ですが、摂取する糖質の量はカットできます。

 

こんにゃく米は各メーカーから色々なタイプのものが販売されていますし、スーパーだけでなくインターネットなどでも販売されていますので

 

・無農薬のもの
・乾燥タイプのもの(生タイプは冷凍保存できないから)

 

の両方に該当するものを選んで使うと、簡単に糖質制限ができます。

 

個人的にはからだコントロールの無農薬こんにゃく米が口コミの評価も良いので、使ってみてはいかがでしょう。(口コミについてはこちら

妊娠中の糖質制限のポイント

妊娠中だから・・・と好き勝手に食べていると糖質過多になってしまい、妊娠糖尿病などの病気になる危険性がありますので、体重管理や糖質制限は無理のない範囲で取り組むべきだと個人的には思います。

 

もちろん大事なのは母子の健康であり、健康を損なうリスクがある方法を実践するのはおすすめしません。

 

健康な赤ちゃんを産むためにも通っている産婦人科の先生と相談しながら、栄養や食事について気を配っていただければと思います。

 

その中でも特に実践しやすいのがこんにゃく米かなと。

 

しんどい思いやストレスも溜まりませんし作り方も簡単なので、妊娠中の体重管理の仕方を模索されているのであればぜひ試してみてはいかがでしょう。

 

 

 

こんにゃく米