通販購入比較ランキング

一言にこんにゃく米と言っても、各メーカーが色々な種類のこんにゃく米を販売しています。

 

こんにゃく米の乾燥タイプと生タイプの違いは?でも紹介した乾燥したものなのか、それとも生のものなのかはもちろん

 

 

  • 通販でしか購入できないのか?
  • 価格はいくらなのか?
  • どのくらいの容量が入っているのか?
  • 冷凍保存は可能なのか?

 

 

などなど、細かい部分で違いが出てきます。

 

そこでここでは、有名な4つのこんにゃく米を比較し、それをおすすめ度に合わせてランキングして紹介しますので、こんにゃく米選びの参考にしてください。


有名な4つのこんにゃく米とは

こんにゃく米は楽天市場やAmazon、さらにはドラッグストアやスーパーに行けば、色々なタイプのものが販売されています。

 

その中でも特に有名なのが

 

  • からだコントロール
  • マンナンヒカリ
  • DHC米こんにゃく(ドライタイプ)
  • DHC米こんにゃく

 

の4つです。

 

この4つの詳細を表にまとめてみました。

 

 

商品名

からだコントロールこんにゃく米

大塚食品マンナンヒカリ

DHC米こんにゃく

ドライタイプ

DHC米こんにゃく

価格

1,680円

3,240円

1,080円

822円

内容量

40g×14袋

75g×7袋×3パック

60g×5袋

200g×5袋

一袋当たりの

価格

120円

154円

216円

164円

送料

無料

全国一律540円

※3,980円以上で無料

全国一律500円

※3,000円以上で無料

全国一律500円

※3,000円以上で無料

カロリー

(一袋当たり)

107kcal

188kcal

187kcal

6kcal

糖質

(一袋当たり)

11.8g

45.3g

42.5g

0.0g

冷凍

OK

OK

OK

NG

おすすめはからだコントロールのこんにゃく米

価格、含まれている成分量、送料等の支出などを総合的に判断すると、からだコントロールが販売している無農薬こんにゃく米がおすすめと言えます。

 

もちろん他の3つのこんにゃく米が悪いというわけではありません。

 

例えば『味』に重点を置いている人の場合、からだコントロールよりもマンナンヒカリの方が口に合う・・・なんて人もいるはずですから、一概にからだコントロールをゴリ押しすることはできません。

 

ポイントなのは、自分にとってどれが一番“食べやすい”こんにゃく米か・・・ということですので、色々なこんにゃく米を試してみて、自分に合ったものを見つけてもらえればと思います。

 

とはいえ、最初はどれがいいか分からないですから、からだコントロールから始めてもらえば失敗はないでしょう。