こんにゃく米は糖質制限に適している?

今や健康のために実践している人も多い糖質制限。

 

しかし、多くの人は

 

糖質制限がどんなものなのか?
カロリー制限とどう違うのか?

 

の線引きが曖昧で、よくわからずにやっていたりもします。

 

また「そもそもなんで糖質制限が必要なの?」とその必要性についてもピンときておらず「とりあえず医者に言われたので・・・」という人もいるかもしれません。

 

ですが、糖質制限の意義や必要性をしっかり理解すると、健康に対する意識も上がりますし、実践するさいのモチベーションにもつながります。

 

そこでここでは、糖質制限の定義と必要性についてまとめました。

 

そもそも糖質制限とは何か?

結論から言いますと、糖質制限の定義については「これ!」というものがありません。

 

糖質制限は読んで字のごとく摂取する糖質を制限するための行動のこと。

 

糖質とは体を動かすエネルギーになる3つの栄養素の1つであり(糖質、たんぱく質、脂質)人が行動するうえでなくてはならない栄養でもあります。

 

ただし、ひつようだからといって大量に摂ればいいというものでもありません。

 

人の行動量によって消費エネルギーが変わってきますが、消費するエネルギー以上に摂取するエネルギーが多ければ、余ったエネルギーは「脂肪」という形で体内に蓄積されます。

 

つまり糖質を摂りすぎると体重が増えるわけです。

 

摂りすぎた糖質については、運動などをしてエネルギーを消費すればいいのですが、人によって1日の運動量は違ってきますし、年齢を重ねるにつれてエネルギー消費量(代謝)も落ちてくるため、脂肪をつけないためには糖質の摂取を制限する必要があります。

 

糖質が含まれている食材とは?

 

糖質の摂りすぎは良くない!ということは先ほどお話ししましたが、では具体的にどんな食材に糖質は含まれているのでしょうか?

 

世間のイメージとしては「甘いもの」に多く含まれていると考えている人が多いと思います。

 

しかしだからといって甘いものを控えたら糖質制限できるわけではありません。

 

糖質は炭水化物にも多く含まれています。

 

具体的には

 


パン
麺類
芋類(じゃがまいもやサツマイモなど)

 

などなど。

 

もちろんショートケーキや大福などといった甘いお菓子はもちろんスナック菓子やバナナや柿などの糖質が多い果物も該当しますので、糖質制限をするのならなるべく上記の食べ物からは距離を置くといいでしょう。

 

逆に糖質が少ない食べ物として

 

肉類(おすすめは鶏肉)
魚介類
葉野菜(キャベツやレタスなど)

 

などがあります。

 

またオリーブオイルなども糖質は入っていないので料理をする際は積極的に使うといいでしょう。

 

そもそも炭水化物は食物繊維と糖質で構成されているため、炭水化物を食べ過ぎても糖質の過剰摂取となり、体内に脂肪がつきやすくなるのです。

 

「糖質制限」と「カロリー制限」との違い

 

ダイエットや食事制限においてよく聞くのが「カロリー制限」です。

 

カロリー制限の場合は摂取するカロリーを計算し、一定以上のカロリーを摂取しないようにしますが、糖質制限はあくまでも“糖質”を制限するわけなので、食べる量や何を食べ物の種類に対してこれといった制限はありません。

 

糖分を摂りすぎて血糖値が上がれば肥満や糖尿病といった生活習慣病を引き起こします。

 

事実、こうした病気になっていたりギリギリなっていない人が多いのが現状で、重くならないうちに糖質の摂取を制限し、健康的な体を維持することが糖質制限の主な目的です。

 

ただし、先ほども言いましたが具体的な定義はまだ決まっていません。

 

摂って良い糖質はどれか?
摂らないほうが良い糖質は何か?
1日の糖質の摂取量は?

 

といったきちんとしたボーダーラインが決まっていないため「とりあえず糖分が高いものは控えるようにしよう」という感じで行われているのが今の糖質制限です。

 

糖質制限が必要なワケ

血糖値が上がると肥満や糖尿病になる可能性が高くなることは先ほどお話ししました。

 

現在、我々の食生活は昔と大きく分かり、たいていの料理に糖分が含まれています。

 

そのため、昔と同じ感覚で食事をすればどうしても当分の摂取量が増えてしまい、血糖値が上がりやすくなります。

 

そうなる前に血糖値をコントロールするのが糖質制限です。

 

糖質制限をすることで肥満や糖尿病になる確率を減らし、健康な体を維持することができます。

 

もっと言えば、心筋梗塞などの重い病気にかかるリスクも減らせるわけですから、まだ肥満や糖尿病でなくても、その予防のために糖質制限をするのはアリだと思います。

 

糖質制限が必要な人とは?

 

ダイエットや体重を落とすために糖質制限を人も多いが、実は糖質制限はもともとダイエット効果を期待して推奨されたものではありまえん。

 

糖質制限は体内の血糖値を下げるために医者から推奨された方法の1つなのです。

 

特に糖尿病を患っている人は、医者から糖質制限を指示されていると思います。

 

体内に糖質が増えれば血糖値が上昇し、糖尿病を発症しやすくなります。

 

そもそも糖尿病の原因が「肥満」「運動不足」「暴飲暴食」など、体重増加につながるものであり、血糖値の急な上昇によってインスリン作用の不足によって起こる病気です。

 

つまり

 

運動不足の人
暴飲暴食がクセになっている人
中性脂肪が多いと健康診断で言われた人

 

は糖質制限の必要性が高いと言えるでしょう。

 

具体的な糖質制限のやり方

現在これといった定義がない糖質制限ですが、やり方についても人によっていろいろです。

 

結論から言えば糖質を摂取する量を減らせばいいわけですから、炭水化物や糖分が多いものをなるべく食べないようにするのがポイント。

 

特に飲み物はジュースなど糖分が多いものを飲まないようにするのはもちろん、ビールも血糖値を上げるのでお勧めしません。

 

もちろん炭水化物も糖質を多く含んでいるので食べ過ぎないように注意しましょう。

 

過度な糖質制限はNG。

 

体重を落とすために糖質制限を始めようと思う人の中にはかなり極端な計画を立てる人も中にはいますが、やりすぎには気を付けてください。

 

糖質制限をすることで、重い病気にかかるリスクを減らせるので、今は血糖値に異常がなくても早い段階から食生活を見直して血糖が上がらないよう心がけることは重要です。

 

とはいえ、糖質制限についてはまだまだ明確になっていない点も多く、やり方を間違えるとよからぬ影響が出ないとも限りません。

 

特に無理に食生活を変えて糖質を極端に摂らないようにすると、生きる上で必要糖質が不足し、私生活に影響が出る可能性あります。

 

大事なのは必要以上の糖質を摂取しないことで、糖質を絶対に取るな!というわけではないこと。

 

現状糖質制限におけるデメリットが明確になっていないので、あまり過度な方法で取り組むのは控えたほうが良いでしょう。

 

糖質制限のベストな方法とは?

 

糖質を制限するための方法としてはいつくかあるものの、中にはストレスを溜めたり我慢したりする必要があります。

 

そもそも糖質制限は食生活の改善でもあるため、ある程度我慢が必要だったりもします。

 

ただ、ダイエットや体重管理においてストレスは天敵でもあるため「なるべくストレスを溜めない方法」という方法がベストなわけです。

 

糖質制限は“糖質の摂取を控える”ことが重要なのであって食べる量については特に制限する必要はありません。

 

また糖質はエネルギーを生成するうえで必要な栄養でもありますから、完全に糖質を摂らない食生活というのはあまりお勧めしません。

 

つまり

 

糖質が少ないものを摂ってお腹いっぱいにする

 

というのが糖質制限における満点回答だと個人的には思います。

 

ではどんな方法がベストなのか?

 

今多くの人が実際に取り組んでいる方法の1つがこんにゃく米を使った糖質制限です。

 

こんにゃく米の特徴

 

他にも糖質制限の方法はたくさんあると思いますが、最も簡単でなおかつ効果が実感しやすいのがこのこんにゃく米だと思いますので、糖質制限を始めてみようと思っているのならこれから取り組んでみるといいでしょう。

 

特に健康診断などで肥満や糖尿病の気があると診断された方は早めに始めてみてください。